対腰痛:CSFプラクティス+Zero-Reset(経絡調整)

 どうも、からだのエンジニア 鍼灸師 藤井崇次です。

 最近の挨拶は「今日も暑いですね」、「今日も蒸しますね」の二択。もう少し機知に富んだ挨拶はないかと悩み中の泰心堂です。


 ええと本日のお話は、脳脊髄液調整法ことCSFプラクティスと当院の鍼灸Zero-Reset(経絡調整)の組み合わせで施術した腰痛で悩む50代の例。


 簡単に症状についてお話すると、

1.腰痛

2.椎間はレントゲン上、狭くなっているように見える

3.動作開始時に痛みが強く出る

4.朝起きてしばらくはじっとしていても痛くないが、夕方以降は座っていてもいたいことが多い。

5.前屈したときに手が床につけられない。+30cm。痛みあり

6.側屈は左右とも痛み無し

7.後屈は痛みが出る → だいたい腰椎2-3番あたり

8.回旋はR>Lで痛みあり、ただし回旋時痛<後屈時痛

9.かがむと特に痛みが出るので、靴の脱ぎ履き、階段昇り降りなどが特にきつい。

10.時に痛みで起きることがある


CSFプラクティスの検査では、頭の大きさの検査では、指一本半分の間が空く程度。頭の皮膚・筋肉の弾力が低い。筋力テスト(腕挙上/押し下げ、足挙上/押し下げ、腹筋、僧帽筋群、下腿三頭筋)すべて弱く、ほとんど抵抗ない。足の片側挙上ではR<Lで足が上がらない。両足挙上では約30度を超えると抵抗があり重い。

経絡反応では、井穴、原穴、ゲキ穴、合穴の圧診を加える。膀胱経 実、腎経 虚、肝経 虚。胃経 実の反応在り。

施術

1.プライマリーブロックからCSFプラクティスの一連の流れ

2.再検査

3.経絡調整

4.再検査

を一通りの流れとする。


2.の時点で筋力テストの結果が良好(抵抗できる)に変化。施術前と同じ手の位置で頭の大きさを図ると中指同士が接触。

痛み誘発動作での確認

前屈 +23cm この範囲では軽い痛み。VASで施術前を10としたとき、10→7

後屈 同じ個所が痛む 腰椎1-2番あたり。VAS 10→6

側屈 変化なし


経絡調整(Zero-Reset)を行う。今回使ったのはチタン製のてい鍼(接触させる鍼、特注)。反応が強く残る、肝、胃の刺激点に接触後微妙に圧迫。時間は指標=目印に取ったツボの弾力など状態の変化を目安に。

※今回は一本も刺さなかった。

※※接触時間は秒数にするとわずか1~5秒ほど。


前屈 +18cm 痛み VAS 10→7→3

後屈 VAS 10→6→2

膀胱経 実 CSFプラクティス終了時に反応消失

腎経 虚 CSFプラクティス終了時に反応消失

肝経 虚 Zero-Reset後、反応消失

胃経 実 Zero-Reset後、反応消失


経絡の虚実。今回は経絡病証と経絡及び経穴反応。自発痛、接触から軽微圧迫で刺痛、鋭い痛みを実痛、圧迫による鈍痛、圧迫時の筋反応低下を虚痛として虚実を分けた。

Zero-Resetはその概念上、”Zero-Position”に”Reset”することを目的としているので、たとえば実痛は+反応、虚痛はー反応としたとき、0=Zero-Positionになれば両方とも消失する。


その後、全10回で卒業。

習志野市大久保の鍼灸師&整体 泰心堂はりきゅう院

臨床経験10年以上、総施術回数は2万回以上。 疲れた身体を活性化し、ストレスに抑圧された心を解放する鍼灸術を提供している千葉の鍼灸整体院

0コメント

  • 1000 / 1000