膝痛の処置の考え方

どうも、からだのエンジニア 鍼灸師 藤井崇次です。

本日も習志野市にある自分の鍼灸院で活動しています。

 さて、今回のお話は膝痛のお話。現れ方が同じでも一人ひとりそうなった背景が違うので注意が必要です。

 一般の方って、「悪いとことが痛いんでしょう」と思いがちです。

 私の考え方は違います。「弱いところに症状が出る」そうお話しています。一見にていますが、実はかなり違います。泰心堂の膝痛への施術は、施術者である私が驚くほどの効果を上げています。その背景にはこの「弱いところに症状が出る」という考え方があるのです。

 鍼灸院で扱う膝痛は、基本的に痛み疾患として扱います。つまり、お客様から「膝の内側のこの辺が歩いていると痛くなって」と、このようなオーダーがあり始まるケースがほとんどです。

 痛いところにお灸をすえるというのが、基本にして、かなり効果が高いものであることは私も同意します。痛みを解消するという点について鍼よりも効果が高いように感じます。

 ですが、それだけでは取れない膝痛というのが存在します。

 一つは、靱帯損傷、そしてもう一つは膝だけではなく、ほかに原因があるものです。

 それ以外は基本的に神経痛として考えるとすんなりと痛みが和らぎます。


 靱帯損傷については完全断裂は再建術が必要なので病院の分野です。部分断裂なら、何故か高麗手指鍼術で治癒が促進されるようです。半月板損傷のグレード1も改善するケースがあります。

 後者の膝だけでなく、ほかにも原因があるものの代表例として挙げられるのは変形性膝関節症でしょうか? この痛み自体は神経痛扱いとして施術するのですが、変形による圧迫の影響が強いので、進行を遅らせるような処置が必要です。鍼灸での処置の場合、変形に合わせた考え方が必要です。注意すべきは、足の裏、足首、膝周り、股関節、仙腸関節、背骨。このあたりに負担がかかっている兆候を診ることが多い。例えば、背中だったらまっすぐ立っているのに、妙に緊張している部分、弛緩している部分などを精査して、からだ全体のバランスを取る様に調整すると体のバランスが変わることで、膝周りにかかる負担も変化します。何度か繰り返し、楽な姿勢、楽な動き方を身に付けていくと、進行が抑えられて、痛みの少ない生活が遅れる様になります。

習志野市大久保の鍼灸師&整体 泰心堂はりきゅう院

臨床経験10年以上、総施術回数は2万回以上。 疲れた身体を活性化し、ストレスに抑圧された心を解放する鍼灸術を提供している千葉の鍼灸整体院

1コメント

  • 1000 / 1000

  • 「最近膝痛いねん」なんて話をしてる最中に入ってきたブログお知らせメールが「膝痛の~」だったのであまりにもタイムリーすぎてビビりました(笑)