こまつ式高麗手指術という奥の手

 どうも、からだのエンジニア 鍼灸師、整体師、藤井崇次です。

 ええと本日のお話はこまつ式高麗手指術のお話。

 まずは高麗手指術とは何ぞ? から話さないと通じないと思うのでざっくりとお話をしていきましょう。




 はい、施術の1シーンですね。このように指先や手のひらに専用の鍼を置いていくことで、からだを反射調整する鍼灸術、それが高麗手指術です。

 適用症状は、内臓疾患、自律神経系の不調、神経痛、激しい疼痛などです。・・・・・・つまり筋硬結(こり)症状によるもの以外ほぼすべての症状に適用することができます。

 

 具体的にいうと、「高麗手指術で肩こりすっきり」というのは間違い。そういうのは別でやってくれ、うちは病気の改善を目指しますというタイプの鍼灸術ですね。

 日本の自称伝統的鍼灸術と比較すると感覚だよりの部分が少ない鍼灸術で基本的にロジックがちゃんと組めれば、処方がきっちりと決まり、誰がやっても似たような効果が出やすいという部分でロジカルな鍼灸術です。

 ただし、日本国内ではドがつくほどのマイナー鍼灸術。


 歴史云々は割愛して、こまつ式の部分についてお話ししましょう

 小松隆央先生の現場での応用法がこまつ式です。小松先生は現在石神井公園駅にてこまつ鍼灸院として、主として腎不全のお客様の体調維持、数値改善の研究的施術活動を精力的に行われている傍らで、ご自身が長年研究し活用してきた高麗手指術の講習活動をされています。

 ちなみに私は7期卒。

 こまつ式の特徴は反転療法、二度刺しなど特徴的な技もありますが、最も高度な五治処方に拘った施術論。この五治処方は、舎岩五行鍼をもとにした処方論で正勝の基本から風熱湿燥寒の応用などがあります。そこに長い臨床から得た経験や考察をもとにこまつ式の処方論を加えたものがこまつ式の核となります。


 ちなみにですが、小松先生の得意症状は、頚椎関連症状、腎不全、他。

 泰心堂は、めまい、頭痛、内蔵症状、頚椎症他


 泰心堂こと私 藤井はこまつ式複合療法を受講していませんので、小松先生と頸椎関連症状についての施術は施術方法自体が異なりますので、”こまつ式の頸椎治療”をご希望の方は”こまつ鍼灸院”の方へお問い合わせください。


 こまつ式高麗手指術 泰心堂 藤井崇次


 とまあ、注釈というか注意事項はきちっと書いておいて、このこまつ式高麗手指術は泰心堂の奥の手です。原因が今一つはっきりとしない症状やはっきりとはしているが従来型の鍼灸術でははっきりとした効果が出にくい場合など、内臓疾患系などには優先的に使う妙法ですね。


 なによりも、私疲れませんしね。はい、椅子に座って鍼を置いていくだけですから。


 非常に便利かつ強力な鍼灸術なのにドマイナー。

 非常に、残念です。


 ということで4月からエキテンの正会員にもなることだし、こちらのこまつ式高麗手指術についてもプッシュして、その魅力と効果を広く知ってもらおうと画策しています。


習志野市大久保の鍼灸&整体 泰心堂はりきゅう院

臨床経験10年以上、総施術回数は2万回以上。 疲れた身体を活性化し、ストレスに抑圧された心を解放する鍼灸術を提供している千葉の鍼灸整体院

0コメント

  • 1000 / 1000