泰心堂式ゾーン&ライン(経絡)療法の開発秘話 その6 泰心堂式経絡調整術(Zero-Reset)の開発

 どうも、からだのエンジニア 鍼灸師 藤井崇次です。

 例の話の続きを軽めにお話したいと思います。

 本日は、出勤前のわずかな時間しか取れないので本当に簡単にお話することになりますのでご両所ください。なにせ、本日は泰心堂ではなく別の治療院での活動ですから。


 こういうときはざっくりと本筋に切り込むに限ります。

 一言でいうと従来型の経絡治療に対する不信が独自方式の模索へのきっかけです。

 まず、経絡治療の定義は、”病=経絡の変動”というこれしかないということ。そのために様々な形で派生してしまった形式。たとえばタイヤキ療法や鴻仁式十二鍼穴あるいは、恩師小林詔司の初期の経絡積聚治療、そのパートナーを一時期していた故波岡久夫氏の気血治療。そのほか一本鍼の技法や、少数置鍼、陰陽交差、片側治療(赤羽氏法が混じっているのか?)などなど。

 基準の話も人によっていろいろで、脈診ができなければ経絡治療ではないという方もいる始末。

 ただ、再度定義を書きますが、病=経絡の変動というのが経絡治療の定義であって、変動さえ分かりその補正する手段が成立し得るのならば、それは経絡治療というカテゴリーに収まります。

 そうはいっても、いろいろと納得のいかない部分がありました。たとえば難経に基づく組み立て、なぜ心経と心包経を混同して、心に虚なしにするのか。正経を十二経としておきながら、強引に五行に当てはめようとする考え方。脈診に至っても同じ。鍼灸専門学校、鍼灸大学で習う六部定位比較脈診と六箇所を定めておきながら、4箇所しか判断しない意味不明さ。(心に虚なし、腎に実なし、ほかに異常がなければ自動的に腎虚、虚証中心ならば)

 そして現場で活動していると、あからさまに心虚あるいは心包虚、もしくは心、心包両虚などが現れるし、腎実だってよくある話。

 私は高麗手指鍼術の影響もあり、舎岩道人五行鍼の流れも学んでおり、心正格(手指鍼では正方)、心包正格、腎勝格(勝方)と判断すべき症例に何度も当たっています。

 そしてそれらで何とかしてきたという経験があり、どうも、心経、心包経をまとめて考える考え方いなじまず結局六経の相関関係を新たに考えるべきだという考え方に至りました。

 そして独自の経絡調整術へと向かいます。


 今日はこの辺で

習志野市大久保の鍼灸師&整体 泰心堂はりきゅう院

臨床経験10年以上、総施術回数は2万回以上。 疲れた身体を活性化し、ストレスに抑圧された心を解放する鍼灸術を提供している千葉の鍼灸整体院

0コメント

  • 1000 / 1000