Zero-Resetと頚椎症

 どうも、からだのエンジニア 鍼灸師 藤井崇次です。

 本日は、頚椎症~左手のしびれのお客様のお話。


40代女性 看護師 主訴:左手のしびれと首肩痛

 初診時に首肩の凝り、痛みと左手拇指、示指(人差し指)のしびれを訴える。整形外科に通院していて、病名『頚椎症』と診断。

 泰心堂では幾つかの徒手テスト、痛み誘発動作テストを行ってから施術に入るパターンが多い。

 今回は、頸椎の起立筋群に対する押圧テストと僧帽筋テスト、ふくらはぎのテストの他、腕、足のなどの筋力(抵抗)テストを入れた。


 首C5-7領域で右圧痛、僧帽筋右圧痛、ふくらはぎ右圧痛のため、右方よりDRT(ダブルハンドリコイルテクニック、上部頚椎カイロプラクティックのテクニック。創始者:上原宏(御茶の水カイロプラクティック))を行い再検査。自覚症状のVASが10→7へ。

 経穴の圧痛チェックで、右間使圧痛大、右手三里圧痛大。Zero-Resetは陰陽交差刺法、空間論的刺鍼法を採用しているので、遠道刺、巨刺の組み合わせを考える。右間使(心包経)→対偶 胆経・膀胱経。右手(大腸経)→裏 肺経→対偶 肝経・脾経となる。圧痛を確かめて選経選穴。

 置鍼12分後、再度チェック。VAS10→7→3へ。

 当日分終了。次回は1週間後。


計7回で痺れが初回 VAS10→6回目終了時 VAS1、2週間後の7回目開始VAS2→7回目終了時VAS1となり、日常生活時にあまり気にならなくなったので、略治とし卒業。


 今回の基本施術はZero-Reset Advance。経絡調整+DRTを組み合わせた。Zero-ResetとZR Advanceとの違いは、経絡調整に+αを加えるか加えないかの違い。

 +α:局所に対する刺鍼または施灸、手のひらの反射を利用したKHT(こまつ式高麗手指鍼術)、緩消法(生理学に基づく筋緊張弛緩法)、DRT(上部頚椎カイロプラクティック)、クラニアルテクニック(頭蓋骨矯正、ベーシック)のいずれかを状態に合わせて組み合わせる。

※CSFプラクティス(脳脊髄液調整法)は別扱い。

習志野市大久保の鍼灸師&整体 泰心堂はりきゅう院

臨床経験10年以上、総施術回数は2万回以上。 疲れた身体を活性化し、ストレスに抑圧された心を解放する鍼灸術を提供している千葉の鍼灸整体院

0コメント

  • 1000 / 1000