ただいま、多忙中。

 おはようございます。

 からだのエンジニア 鍼灸師 藤井崇次です。

 先月からWワークというのをはじめました。と言っておきながら実際のところトリプル、クワットロ?という状態です。

 施術も施術以外も大忙し。でも報酬が発生するのはずっと先の案件があったりともうバタバタ。

 その中でも丁寧に! 的確に! 最短で! を心掛けて施術に集中しています。

 忙しいときほど、丁寧に診る、反応を読む、選択肢を絞るということをきちっと行うことが大事で、結果的に、サービスの品質を落とすことなく、時短&満足度向上につながります。


 さて、2016年も残すところあと一月半。2016年度の泰心堂プロジェクトも総括の準備に入る時期になりました。2016年の目標として挙げていた、施術の棚卸と最適化、そして新技術の習得という技術面の方は、Zero-Reset(経絡治療)構築CSFプラクティス導入、緩消法の習得、四肢誘導法のテストなどを通じて達成できたかと思います。

 経営側面についてはおかげさまで土日が満員御礼が続き、むしろお断りすることになったりして逆にご迷惑をおかけいたしました。一方で平日のタイムマネージメントを深く考えて、平日の昼間のお客様獲得に向けて試作を繰り返す必要性が出てきました。

 あとは先月からですが、ほか治療院でもアルバイトという形ですが、仕事をはじめまして、今、自分のところではないやり方というのを学ばせてもらっています。なぜ、これをしたのかというとざっくりと一人治療院を長く続けてしまったので、スタッフのいる環境というのがイメージがつかなかったというのが一番大きな理由です。

 2017年度以降の泰心堂は、今よりもお客様を受け入れて、施術を通じての悩みの解決、目標の達成、子供と歩む未来へのお手伝いなどを強く支援していきたいと考えています。そのためには今現在よりも収入を増やし、広告宣伝活動への投資割合を強めて、いずれスタッフを育成する必要性があると考えています。ここ数年、よりシンプルな施術方法を構築しようと考え、実践してきたのは実はそのためです。

 元来、技術偏重型の私、藤井(泰心堂)の施術は他の人ができないという側面が強すぎました。このままだとずっと私一人が施術をしなければならないし、私一人しかいないので、数多くのお客様に対応することできない。(人的限界)

 これでは続きません。

 せっかく、めまい、ふらつきをはじめとした自律神経失調による症状、長引く不妊状態や流産経験者へのケア、頚椎症とそれらから派生するしびれ、痛み症状の緩和改善などに著効を上げてきた泰心堂式の鍼灸術ですが、私が倒れたら途絶えてしまいます。

 だので”泰心堂と言えば〇〇”というある意味でブランドイメージを作ることで、泰心堂の施術者ならばそれが提供できるという品質を提案したいと将来に向けて考えています。


 当面の目標はWワークの都合上、週5日(水、木、金、土、日)の営業になりますが、平日は予約表の7割、土日は予備枠を含めて8割を埋めるようにスケジューリングしていきたいと思います。コンスタントにこれが埋まる様になったのなら、申し訳ないですが出先の治療院にはお断りをれて泰心堂の営業時間を増やして対応することになると思います。



 スタッフ育成関連では、できれば技術講習をしたいのですが、しばらくは時間が読めないので平日これる方のみに限定して個別対応となりそうです。


習志野市大久保の鍼灸師&整体 泰心堂はりきゅう院

臨床経験10年以上、総施術回数は2万回以上。 疲れた身体を活性化し、ストレスに抑圧された心を解放する鍼灸術を提供している千葉の鍼灸整体院

0コメント

  • 1000 / 1000