閑話:インソール(靴の中敷き)の話

 ども、からだのエンジニア&からだの専門家 鍼灸師&整体師&操体法術士 藤井崇次(泰心堂)です。

 そしてついでに、”自称”パフォーマンスアップにこだわるインソールマスター!?(笑)です。


 今回のお話の前振りネタですね。ポイントは”自称”&(笑)です。

 はい、本日も習志野市大久保の私のサロン 泰心堂はりきゅう院&徒手調整術研究部にて施術と情報分析の活動を行っていました。

 施術をご希望の方、申し訳ないのですが、今週の日曜日につきましては鍼灸師会の講習にでますので日曜日の予約は承れません。できるだけ明日 金曜日、明後日 土曜日、もしくは来週水曜日以降でスケジューリングしてください。

 あとまたちょっと忙しくて電話に出られないタイミングが増えますので、メールでの対応をできるだけお願いします。→taishindo@outlook.jp こちらでも承りますのでgmailアドレス、zutsuu.xyzアドレスでうまくやり取りできない方はこちらをご利用ください。


 では本題。

 ことのきっかけは

「そろそろインソールがヘタって来たな~」、そろそろ替え時?

 と思ったからです。


 実は私、20年近く Superfeet の愛用者です。ええ、長いですね。スキーボードやスノーボートで飛び跳ねていた時からのユーザーで、インラインスケート、インラインホッケー、それどころが日ごろ履く靴にも。


 そんな私が「変えてみよう」と考えたのは、ただの気まぐれです。


と言えればよかったのですが、実は取引先の一つ カイロベーシックさんからのとある案内でした。


 それは”バランス工房” 三点インソールの導入セミナーDVDの案内。

 まあ、きっかけというだけでそれ自体が何というわけでもないのですが、昨今のインソールなどを取り巻く状況を一度整理してみようと思ったわけです。


 で、今回、ちょうどインソールの交換期になったのでいろいろ改めて考えよう、あわよくば取り扱えないかな?って考えもちょっと。


 さて、まずインソール選びで大事な考え方についてお話しましょう。


1.足を整えるか?/足に合わせるか?

2.コスト&パフォーマンス

3.厚さと薄さ


はい、私が大事だとお話しているのはこれ。


特に1.ですね。

お店の人はよく「どうせならカスタムインソールを!」と勧めます。これはどちらかというと足に合わせるという考え方でもね、カスタムインソールが必要な人は限られるというのが私の見解。


カスタムインソールが必要な方は

1.足形の極度の変形を伴うもの、医療的補正が妥当であり、足底版療法などが適用だと考えられるもの。

2.足と靴のフィッティングの変更によるパフォーマンスアップが要求しており、かつ競技特性に応じた最適な変形をしていると考えられるトップアスリートレベルのもの。


どうしてそうなるかというと、昨今の高品質インソールは、最適な(理想的な)足形における最適パフォーマンス想定して作られているからです。

逆に、崩れた足形に合わせて、カスタムしたインソールを長期間用いることで、崩れ方に合わせた変形を助長しかねないということにもなります。


故に、「これもう”矯正”するほかないね」というレベルの”患者”や尖った性能を今すぐというアスリートくらいにしか勧めにくいと考えるわけです。


また、この考え方自体は、いくつかのインソール会社が足底版療法などインソールを用いた医療補助具などの会社から起こっていたりすることからもあながち的外れとは言えなかったりするわけです。


そうなると足に合わせるインソールは極一部の人用。


つまり、一般向け、アスリート向けの足からの身体機能向上、疲労軽減はカスタムしない高性能インソールを勧めるというのが私の考え。

ええ、私は、足を整える派ですから。

もちろん私自身、カスタムインソールではなく、レディメイドのインソールを愛用しています。


最近、このレディメイドのインソールが非常に高機能になっています。

常用することで、理想的な足型に近づくというものが多く、履いているだけでアライメント矯正が自ずと行われるというのですから素晴らしい!。


しかも、数千円台で。

「もしかして腰痛で整体にかかるよりもずっと安いかも!?」

と思ったあなた大正解です。


実はこれが私 泰心堂こと藤井崇次が肩こり、腰痛に対して積極的にアピールしない理由の一つ。

ええ、推奨インソールを入れて生活することを前提とすれば、月数回の施術を加えるだけでスタスタ歩ける人続出です。

腰痛施術が苦手だから、PRしないのではなくて、簡単で私がやるまでもないからあまり積極的にPRしないんです。


え? だって歩くだけで足回りの加重最適化→アライメント矯正→骨盤(体重移動)最適化→アライメント矯正→背骨のウェービング(波打つような動き)の最適化→アライメント矯正→上部頸椎……。


はい、論理式上はこうなります。

あとは細かなアライメント矯正や重要ポイントのバランスの調整、体液循環調整、経絡調整などを適宜加えていけば最適バランスで動けるわけで、当然、自律神経系の機能阻害はないわけですから、機能正常化→炎症促進、回復反応促進→治癒となりますよね。


低周波や干渉波による電気治療? 痛気持ちよい効果のないマッサージ? 大量に鍼打つだけの鍼治療もどき? 要りません。


人の体が治るのは、自律神経系の機能ですから。

自律神経系の機能が正常に働ける状態を作れば連鎖的に良くなっていくものなんです。


ま、細かな話は置いておいて、インソールを導入するだけで劇的に疲労軽減、膝、腰などの痛み、はたまためまいや頭痛の軽減など自律神経系の機能正常化に伴う治癒反応が起こる方もいるってことだけ覚えておいてください。


つまり、インソールって安価な施術道具なんだよって話になるわけです。

私自身は、インソール1組 2万円と言われても、「まあまあかな」とは思います。だって、消耗品ですがそれでも2~3か月は持ちます。※使用頻度による。私の場合靴のローテーションをしているので比較的長持ちする。

でも、これって専門家目線なんですよね。

消費者目線でみると安くて高機能→お得なインソールが欲しいわけです。


2.のコスト&パフォーマンスですね。

まあ、3.は正直な話、”ついで”くらいの話かな。靴の問題で中敷き取れなかったり、浅かったりするのがあるから厚み/薄さに注意ってくらいですね。まあ、おススメってことならばしっかりとインソール交換できるタイプの方がインソールの機能が発揮しやすい(安定しやすい)ので良いかとは思います。


ということでいろいろと調べさせてもらいました。


まず、Superfeetは流石でしたね。

この業界の老舗の一つで、安定の実力派って感じですかね。

私のお勧めは、5000円前後のGreen、あとは私がインラインスケーターでもあるので踏み込めるyellowであたり。

Superfeetはカスタムに定評があるのですが、先に述べた通り、長期的に考えると足形の最適化を図ったほうがメリットが大きいと考えるのでカスタムしないものをお勧めします。


そして私、注目の一つ目 Ba2ne(バネ)

バネ インソール ベーシック が最初の一枚におススメ。変形が強めの方はソフトから始めるのもOKだとは思いますが、汎用にとりあえずこれと言えばベーシックモデルですね。私はグリップの購入を検討しています。

こちらも価格帯が5000円前後なので品質を考えると導入しやすいインソールだと思います。


注目の二つ目はBMZ

足の裏のバランス理論という意味では非常に独自性の強いBMZ。足の立方骨を支えることで足の骨格を整え、足に掛かる力の流れの最適化を図るという独自理論で泰心堂注目のインソール。

正直な話をすると、この三社の中で一番WEBが見難い。結局何が”推し”なの?って感じの構成でわかりにくいのですが、BMZ(キュボイドパワー)コンセプト→CCLP理論コンセプトへの移行期のようで商品が混在しています。

なので取り合えずこれを買っておけ!的な推奨商品はこれ↓

CCLP カルパワースマートフィット 約5000円。


うん、cuboid系→CCLP系をきっちりと分けて書いているつもりなんでしょうが、もうひたすら読みにくい。一目表に乗っていないのが下段のカテゴリーで出てきたり。コンセプトが併記でどちらが今のコンセプトなのかわかりにくい。ものはよさそうなのに非常に残念。


その他にも老舗の一つSIDASとか先ほど名前を出したバランス工房などいろいろなインソールがありましたが、独断と偏見で選んでみたらこんな感じになりました。


はい、今回はこの辺で。

また、腰痛対策の特別施術 初回50,000円、二回目以降 15,000円の知る人ぞ知る例のメニューと搦めてインソールの話をしたいと思います。


では。

習志野市大久保の鍼灸&整体 泰心堂はりきゅう院

臨床経験10年以上、総施術回数は5万回以上。 疲れた身体を活性化し、ストレスに抑圧された心を解放する鍼灸術を提供している千葉の鍼灸整体院 【ご予約はメールまたはWEB予約から】 taishindo@outlook.jp 047-404-5225

0コメント

  • 1000 / 1000