偏頭痛とKHT処置の関係性

おはようございます。
からだのエンジニア&からだの専門家 鍼灸師&整体師 藤井崇次(泰心堂)です。
日曜日の朝、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
私は、すでに1件の施術を終えて、次の施術までの隙間時間になります。
ええ、私、施術早いので。

さて、本題へといきましょう。
偏頭痛とKHT処置の関係性。

実は頭痛の方への調整って、その仕組み上、鍼灸の得意分野のはずなんです。
でも、あまり「得意です」って自信を持ってお話している施術家の方ってなかなかいないし、千葉県でめまい、頭痛専門を名乗った鍼灸師って私くらいなものではないでしょうか?

まあ、正直な話をすると上部頸椎カイロプラクティック、脳脊髄液調整、クラニアルテクニック、オステオパシーなどの徒手療法術の学習と研究を行ったのもめまいや頭痛に悩む方々が未だに多かったのも原因です。

今現在は、鍼灸でも、徒手調整術でもどちらでも良い結果が出ていますが、その中でもよく使っているテクニックがこのKHTを応用した頭痛処方だったりします。

KHT(Koryo Hand Therapy)は高麗手指鍼術の英訳。
韓国発祥の比較的新しい鍼灸術で、手を全身に見立て、相応点、手気脈、三一体質、五治処方などを利用してからだの状態に変化を促す鍼灸術です。

このKHTは施術体系、手続きがしっかりしているので単独で施術を完結できるシステムですが、特に便利な点は検査に使えるということ。

相応点、相応領域の考え方を利用することで患部を触らなくとも患部に問題となる反応があるかどうかを過敏圧痛点を通じて窺い知ることができます。

例)胃が痛い
→お腹のどこを押しても痛い場合、どこが問題か判断しにくい。
→左右いずれかの手の胃の領域に過敏圧痛点があるかどうかを見る。あるばあい、胃の症状があると考えられる。ない場合、胃の症状ではなく、胃周辺の症状、例えば十二指腸などの腸の問題、膵臓の問題などが疑われる。→十二指腸、膵臓の相応点に反応があるかどうかを調べる。

など患部を触れない場合でも判断が可能です。

また、施術の有効性を判断するのにも有効。
例えば経絡治療における肝虚と判断した場合、肝虚の処方で症状が解消されたか、変化したかを患部だけでなく、相応点や気脈の反応を見ることで変化したか否かを判断することができる。

非常に便利ですね。

頭痛やめまいの時も同様です。
どの部位に頭痛が起こっているのか、問題が生じているのかは、相応領域における過敏圧痛点の反応や気脈の状態で判断することができますし、その検査範囲も全身で探るよりも手のひらで探る方が狭くて簡単。
「全部痛い」、「全体が痛い」、「重い」、「どこだかわからないけど重い、だるい」なんてある意味で会話が成り立たない状態でも、指先の反応を探ることで、場所を特定することが可能です。

今回の案件の頭痛については施術を上手に成立させるポイントは三つ
1.場所を特定できるか(施術の効果は“意識”された部分に及ぶ)
2.変化したのがわかるか(顧客が変化が確認できない施術は、施術者の妄想に過ぎない)
3.負担が少ないか(施術行為はダメージに対するカウンターアクションなので自然治癒力を標榜するのであれば最小ダメージ、最大効果を狙うのが本道

そして施術自体のポイントも三つ
1.脳脊髄液循環(一次呼吸)の正常化すること
2.上部頸椎のアライメントが調整されること
3.状態(相応点、気脈反応)が変化すること

頭痛を訴える方の多くが
1.頭の可動性、連動性が低下→頭部拡大もしくは頭部縮小で硬化→脳脊髄液循環不良→脳機能低下→全身の機能低下
2.頸部のアライメント(配列、位置)のズレ→圧痛反応、見かけ上の歪み→運動制限→左右差→血管や神経の圧迫→全身の運動性低下、自律神経系の機能低下
が生じていて、運動性の低下(関節可動域の異常、筋反射低下)、左右差、重心のズレ運動軸のズレ、体液循環不良、持続的神経圧迫など全身に継続的な機能低下状態(=蓄積疲労状態)が見受けられます。

で、施術は刺激を通じて、これらが“変化”しないと意味がないわけで、お題目を唱えるよりも、これらが変化したかどうか大事です。

変化が起こるということは体が異常を検知したということであり、自律神経系の機能が働ける状態へと変わったということでもあります。

あとは体が治そうとするその動きに身をまかせるだけ。
これが本来の自然治癒力であり、施術者はむりに頑張る必要はありません。

施術者も楽だし、もちろん患者(顧客)も楽。
だけれどもしっかりと変化し、だんだんと楽になっていく。これが根本療法系の魅力ですね

ちなみに泰心堂式の場合はめまい、頭痛用のKHT判断パターンを作っていて、前頭部頭痛反応パターン、側頭部頭痛反応パターン、頭頂部頭痛反応パターン、後頭部頭痛反応パターン、本態性(原因、場所不明)頭痛反応パターンなどを用意しており、タイプに合わせて相応点、気脈、脳せき髄循環状態、上部頸椎、体でみる機能低下反応を見ることで変化を与えて頭痛からの解放を目指しています

自慢話はこの辺で

施術希望の方は鍼灸院用サイト、あるいは頭痛専門サイト、徒手調整術研究部の専用サイトなどからメール、メールフォームを利用して予約ください。

習志野市大久保の鍼灸&整体 泰心堂はりきゅう院

臨床経験10年以上、総施術回数は2万回以上。 疲れた身体を活性化し、ストレスに抑圧された心を解放する鍼灸術を提供している千葉の鍼灸整体院

0コメント

  • 1000 / 1000