競技スポーツをやっていた人間としては当たり前の反応なんだけど

 おはようございます。

 からだのエンジニア&からだの専門家 鍼灸師&整体師 泰心堂 藤井崇次です。


 例の問題で木村さんの記事を見つけたので引用というかリンク。

 私も異論はあると思いますが、”それくらいの気概で厳しく当たっていけ”という指示はごく当たり前のことだと思いますし、コンタクトスポーツである以上、人体構造に対して、どこから怪我をするのかどこまでは大丈夫なのか熟知し、必要のない怪我を未然に防ぐ手を講じるのもまた当たり前のことだと思います。

 それくらい競技スポーツというのはシビアな世界であり、たとえばサッカーにおいて相手のユニフォームを引っ張っていけませんとありながらも、触れているだけ、たまたま引っ掛かっただけ、邪魔ではあるけれど、相手のプレーを邪魔していませんという建前で審判の裁量である程度見逃されています。

 ただ、それはあくまでも継続したプレー中の話であり、ホイッスルなどが鳴り、中断した最中にそのようなことで相手に突っかかったらイエローカードあるいはレッドカードを出されてもなんら不思議のない行為なのです。


 そしてそれらのプレーが行われた責任は、確かに監督指導者に監督、指導責任はあっても最終的にはプレーヤーの責任が一番に問われるべきなのです。あくまでもやったのはプレーヤーなのですから。

 また、そもそも監督に不満があったのならば、それは対戦相手にぶつけるべきことではない。

 故に、最も責められるべきはプレーヤー自信となるわけです。

 ついでにいうと会見で語られたのは、物的証拠に基づく内部告発でもなければ、感情論、心情に基づく精神的被害報告。それは謝罪会見ではないですよね。


 また競技スポーツの世界においては選手は替えがききます。選手個人に”替え”はもちろんいませんが、ポジションという意味では替えが利くのです。それは日本代表候補であっても。レジェンドと言われる選手であっても腑抜けたプレーをしていたら新人に後れを取ることだってありえます。そうならないように常に心掛け、やるべきことを真摯に継続してきたからこそレジェンドと称賛される選手になっているのでそれは尋常ではない積み重ねの上にあるものです。

 そこまでしている選手であればそもそも外されるなんてことは基本的は起こりえないし、外されたとしたら、また採用してもらうために、そして現実に適応するために動き、嘆いている暇すらないのが普通のこと。


 ただ、このような考え方はもう古いのかなという感もありましたね。


 こと武術の世界においては未だ当たり前のことなんですよね。

習志野市大久保の鍼灸師&整体 泰心堂はりきゅう院

臨床経験10年以上、総施術回数は2万回以上。 疲れた身体を活性化し、ストレスに抑圧された心を解放する鍼灸術を提供している千葉の鍼灸整体院

0コメント

  • 1000 / 1000