祝 日本女子サッカー代表 なでしこジャパン 優勝!

 おはようございます。

 からだのエンジニア&からだの専門家 鍼灸師&整体師 泰心堂 藤井崇次です。


 ええと、ただいま半ば徹夜状態です。

 ええ、日本女子サッカー アジアカップ 見ていました。

 大方の予想通り、身体能力に優れるオーストラリア代表が前半から押し込み、日本がしのぎ、隙を見てカウンターという展開でした。ターニングポイントはやはりPKを止めたことでしょう。GK山下杏也加選手が連続のスーパーセーブを見せると強引に前にボールを出すだけでは点が取れないとオーストラリア側が縦、縦の身体能力任せの粗い展開からサイドに振るようになり、日本のDFが間に合うようになったので運動量とカバーリング能力で勝る日本代表が何とかしのぎ、ボールを落ち着かせることができたら岩渕選手、菅澤選手が体を張って味方のあがりを待つ展開。

 後半に入っても、オーストラリアの攻勢はやまず、スクランブル状態のDF陣。少ないチャンスでゴールを伺うも惜しくもオフサイド。

 そんな中、運動量を落とさずにプレーした中島選手、そして長谷川選手が素晴らしいプレーをしていました。改めて前線からのプレスを仕掛けてオーストラリア代表の思うようなプレーを塞いで、塞いで、塞ぐ連携したというには些かバタバタしたディフェンス。その中でも集中力を切らさずにGK山下選手は果敢に前に出ることで決定機を潰す。その様は日本の嫌な流れを断ち切る守護神として仁王立ち。

 そして菅澤選手に代わり、横山選手が入ると、オーストラリアが残り時間を考えてさらに前に圧力を増して日本代表は自陣で何とかしのぐ展開。

 運命の後半39分。左サイドへと大きなロングフィード。長谷川選手へとボールが向かう。目の前にはオーストラリアDF2枚。ワントラップでDFを交わしてカットインしてすぐにトップの位置に走り込んでいた横山選手へ。足元に深く呼び込むようにしてトラップ即反転して前へ向いた横山選手。すぐさま肩を左に振り、ゴール左前に切り込むそぶりを見せたと思ったら、反応したDFを見ながらセンターへと切り込み、一閃。


 ゴールまでの流れが素晴らしかったですね。DFを交わしつつ次のプレーにシンプルにつなげるための長谷川選手のトラップ。そして横山選手の特性をよく理解して丁寧に転がしたボール。横山選手もしっかりとパスの意図に反応して止めるのではなく、足元まで呼び込むことで即座に反転。そして肩だけでいれたワンフェイント。

 最初からデザインされていたわけではなきけれど、まるでデザインされていたかのような型にはまったゴール。


 素晴らしかったですね。


 その後もしっかりと試合が終わるまできちっと戦い抜いた女子サッカー日本代表 なでしこジャパン おめでとうございます。


追記:ちなみに私は『ドーハの悲劇』ではなく、『ドーハの笑劇(あるいはコメディ)』だと思っています。試合が終わっていないのに油断をする。もっともしてはいけないことですね。

習志野市大久保の鍼灸師&整体 泰心堂はりきゅう院

臨床経験10年以上、総施術回数は2万回以上。 疲れた身体を活性化し、ストレスに抑圧された心を解放する鍼灸術を提供している千葉の鍼灸整体院

0コメント

  • 1000 / 1000