ハリルホジッチ解任。お疲れさまでした。

 こんばんは、からだのエンジニア&からだの専門家 鍼灸師&整体師 泰心堂 藤井崇次です。


 サッカー日本代表の監督だったハリルホジッチ氏が解任。


 個人的にはやっとかという気分とハリルホジッチと神風を吹かせようと決断できなかったかと相反するような、そうでないような複雑な気分。


 ただ、間違えて欲しくないのは、ハリルホジッチ氏は素晴らしい監督であった。もう記憶の彼方に消えてしまった人もいるのかもしれないが、ロシアワールドカップの切符をもぎ取った指揮官は彼だったのだから。

 また、彼の1対1での勝負へのこだわりはわりと当たり前のことであり、競り勝つというのは個人戦略としては基本中の基本。何も特別なことを言っていたわけではない。

 1対1で競り勝つことができるのであれば自ずとそれを前提とした選択肢が増えるわけで、それは戦略上も戦術上も有利な局面、有利な状況を作り得るのであるから。


 嘆くべきことがあるとしたら、それが日本代表のスタイルにフィットしていなかったということ。正確には、ファンが勝手に”これが日本代表のサッカーだ!”と夢想しているサッカーのスタイルに合わなかったということ、そしてそれが選手にも及んでいたこと、その結果、際の際までテストを繰り返しより良い形を、より戦える形を模索せざるを得なかったということ。


 おそらくは日本の代表サッカーのスタイルのイメージは、鹿島や川崎のスタイル。

 ボールの支配率を高め、中盤で配給と組み立てをし、両サイドの押上げと中央突破との組み合わせた華麗なパスサッカー。

 だが、それはハリルホジッチ氏には迂遠に見えた。組み立てじっくりから瞬間的に攻守が入れ替わる局面転換が激しい欧州サッカー。トレンドはよりゴールに向かった縦の動きが重視される傾向へと変化しているにもかかわらず、横へ横へボールを回し、じっくりと体制を整えるかつての花形スタイルは新しい代表にふさわしくないと考えたのだろう。結果、縦に早く動ける選手と局面転換を作るボールを奪える選手に偏った代表選考を重ねた。

 これは未だにレジェンドを担ぎ出すファン心理からすると理解しがたい選考基準であった。ボールは奪取できなくはないが、そこから前線へ”繋がらない”というディレンマ。

 それは”組織”的なサッカーを目指して来た日本代表に、個の力での局面打破と局面突破を求めているように見えてしまう。

 組織が先か、個が先かは結論的にはたいして意味がない。フィットすれば個が活躍できる組織になるだけのことだが、実際にそこにいる人間にとっては大きな問題なのである。


 繰り返すが、ハリルホジッチ氏は素晴らしい代表監督であったことは間違いない。Wカップ出場を決めた指揮官なのである。

 問題だったのは、中心選手が決まらなかったこと。そしてそれが致命的な一点だったということ。

 あえて言うのならば、日本のジェラードは売り切れだったとでも言うべきだろうか?


 いずれにせよ。

 日本代表をロシアワールドカップ出場に導いた偉大な監督に感謝と敬意を。

習志野市大久保の鍼灸&整体 泰心堂はりきゅう院

臨床経験10年以上、総施術回数は2万回以上。 疲れた身体を活性化し、ストレスに抑圧された心を解放する鍼灸術を提供している千葉の鍼灸整体院

0コメント

  • 1000 / 1000